ブレーキの“キーキー音”にサヨナラ!!

LINEで送る

今回は札幌市の北区屯田で行った自転車修理を記事にしました。
自転車修理の内容は、パンク修理ではなく、後輪ブレーキの交換です。

なぜ、後輪ブレーキを交換したのか、ということから説明します。

みなさんも経験したことはあると思いますが、長年使っていると、自転車のブレーキから“キーキー”と「いや~な音」が発生してきますよね。
まぁ、ほとんどの方が「ガマンして使う」か「前ブレーキ、つまり“音の出ない方”のブレーキを主に使う」かの方法で対処しているのが実態だと思います。
じつは、後輪ブレーキを交換することで、この“キーキー音”を解消できるのです!!

安全に停止するためには、基本的にブレーキは前後同時に使うものなので、音が出るから、ということで、片方のブレーキしか使わないのは、あまりオススメできません。

まずは交換直前の、後輪ブレーキをバラした写真からご覧ください。

これは「バンドブレーキ」という種類のブレーキです。構造がカンタンなため、価格の安い自転車で多く使われています。
上の「ブレーキドラム」は車輪と一緒に回転する部分です。
ブレーキレバーを握ると、ワイヤーで引っ張られた下の「ブレーキバンド」が「ブレーキドラム」に巻き付くように締ることでブレーキがかかる、という構造です。

で、“キーキー音”の原因ですが、ご覧のように、中に発生した“サビ”や「ブレーキバンド」の“摩耗”が原因です。
「ブレーキバンド」は、“薄い金属製の帯”に“革製の摩擦材”を張り付けた構造になっているので、摩耗すると金属製の帯の部分が露出します。
金属製の帯と金属製のドラムが擦れることで、“キーキー音”が発生する、というワケです。
“丸ごと交換”すれば“キーキー音”は解消しますが、遅かれ早かれ「ブレーキバンド」は摩耗しますので、再び“キーキー音”が発生する、というワケです。

そこで今回はブレーキをグレードアップしました。
「サーボブレーキ」というタイプに交換したのです。
下の写真が交換後の写真です。

この「サーボブレーキ」は上の「バンドブレーキ」と互換性のあるタイプで、“キーキー音”が“ほぼ鳴らない”タイプです。
(あえて“ゼッタイ鳴らない”とは申しません。)
「ブレーキバンド」に代わって耐摩耗性の高い「ブレーキパッド」が使われているため、「バンドブレーキ」よりはるかに長持ちするからです。

また「バンドブレーキ」が「ブレーキドラム」の外側から締め付けるのに対し、「サーボブレーキ」は内側から「ブレーキパッド」を当てる構造なので、“サビ”が発生しにくいという利点もあります。

“キーキー音”が気になるから、という理由で自転車の買替えをする方もいらっしゃるでしょうが、このようにブレーキを交換して「グレードアップ」するだけで、“キーキー音”を解消することができるのです。
“キーキー音”に悩まされている方は、ぜひ一度、ご検討してみてください。。。

LINEで送る

1つの画びょうでパンク穴が3カ所発生!!

LINEで送る

天候に恵まれたゴールデンウィークも、あっという間に終わってしまいました。。。
さて“平常運転”に戻らねば、という気持ちはあれど、なかなかペースが掴めないのが、連休明けの一週間ですね。。。

それはさておき、今回は“同時多発パンク”に遭遇しましたので、これを記事にします。
いつもの通り、まずは写真からご覧ください。

パンクの原因は極めてカンタン!
画びょうが刺さってパンクした、というワケです。
これは修理が終わった後の写真ですが、チューブに3ヶ所穴を塞いだ跡があるのがわかるでしょうか?
(写真だけではちょっと見にくいので、わかりやすいように〇で囲って番号を書いておきました。)

刺さったのは画びょう一つ、ですが、チューブに穴は3カ所も開いてしまったのです!!
なぜでしょうか?

それでは順を追ってこの原因を解説します。
1.画びょうを踏んでしまいました。
2.画びょうが刺さって自転車のチューブに穴が開けば、当たり前のハナシですが、空気が抜けます。
3.自転車のパンクに気が付いて、そこから自宅までは自転車を引いて帰ってきました。
4.この“自転車を引いた距離”が長かったため、空気の抜けたタイヤはホイールから外れてしまったのです。
5.ホイールから外れたタイヤは、転がるうちにズレていきます。
6.もちろん画びょうは刺さったままです。。。
7.そろそろわかりましたでしょうか?
タイヤがズレたため、チューブの複数個所に穴が開いてしまった、というワケです。

画びょうなどが刺さったままの自転車を転がすと、このように穴が“ほぼ一直線上”に、しかも、比較的近い間隔で連続して開いてしまいます。
もっと穴どうしの間隔が狭ければ、だ円状の大きめのパッチ1枚で塞ぐことができます。
しかし、今回のケースでは覆いきれないので、通常の真円状のパッチをそれぞれの穴に貼って塞ぐことになります。

また、チューブが劣化していた場合は、ベタベタとパッチを貼っても、またすぐパンクしてしまいますので、チューブ交換になる場合もあります。
今回のお客様の自転車は、4月の上旬に買ったばかりの“ほぼ新車”でしたから、タイヤもチューブもシッカリしていました。
そこで、穴は3カ所も開いてしまいましたが、チューブの交換は行わずに、パッチを3枚貼って修理した、というわけです。

「パンクしたら自転車に乗らない」というのは常識です。
しかし、乗らなくても、ある程度長い距離を引いてくれば、このように被害が大きくなる場合があります。
現実的にはなかなか難しいことですが、パンクした自転車はあまり動かさない方がいいのです。。。

LINEで送る

フツーの自転車も「パンクしない自転車」にできるっ!!

LINEで送る

冬の長い北国・札幌にも、ようやく春が訪れたようです。。。
今まで歩いたり、電車やバスに乗っていた外出も、自転車で“気軽に”行ける季節になりました!
春は進学や進級、会社に入ったり、勤務地が変わったりと、環境が大きく変わる季節でもあります。
『この機会にっ!!』という思いを込めて、自転車を新しく買おうという方もいるでしょう。。。

自転車屋さんやホームセンターの自転車コーナーにはピカピカの自転車が“ズラリ”と並んで、購入意欲をそそります。
最近目立つのが『絶対パンクしない自転車(タイヤ)』というキャッチ・コピー

“走っているときに自転車がパンク!!約束の時間は迫っているし、自転車屋さんは無いし~、どーしよー????”
こんな経験は誰でも一度や二度はあるでしょう。
自転車がパンクして困ったことがある人ほど、『絶対パンクしない自転車(タイヤ)』というキャッチ・コピーに魅かれるのではないでしょうか?

でもですね、『パンクしないタイヤ』というのは、日ごろのメンテナンス一つで、案外簡単に実現するものなんです。
ま、正確に言えば『絶対パンクしない自転車(タイヤ)』ではなく、『パンクしにくい自転車(タイヤ)』ということになりますが。

このブログでも過去に何度か記事にしているように、自転車がパンクする原因のほとんどが”タイヤの空気不足”なんです。
ですから、タイヤの空気をちゃんとチェックして、空気が少なくなっていたら補充してあげればいいんです。
自転車のタイヤに空気をちゃんと入れるだけでパンクのほとんどは防ぐことができます!!
正確に統計を取ったワケではありませんが、6~7割は防げそうな気がします。。。

その空気のチェック方法は極めてカンタン!!
小学校や中学校の頃やった『体力テスト』の『握力測定』を思い出してください。
アレと同じように、手のひらでタイヤを掴んで『ギュウッ』と握るんです。
それでタイヤが潰れるようだったら、明らかに空気の量が不足しています。
そうすると走行中に自転車がパンクしてしまうんです。

自転車のパンクというのは『突然』起きるものではありません。
“日ごろのチェックを怠ること=自転車のパンクの準備”なのです。
『突然』と思うのは、自分だけ。
実は“シッカリ”と自転車がパンクする準備をしていた、というワケです。。。

では、そろそろ話題を“まとめ”ます。
『絶対にパンクしない自転車(タイヤ)』はパンクしないので安心して使えます。
ですから、それを買うのも選択肢の一つです。
ただ、わざわざ高いお金を出して『絶対にパンクしない自転車(タイヤ)』を買わなくても、それに近い環境は自分で用意することができますよ、ということです。
なんせ『空気はタダ(無料)』で手に入りますからね!!

LINEで送る

これで自転車も安心して走れます。。。

LINEで送る

今日は、自転車が走る「道路」のお話です。
ますは下の写真をご覧ください。

この黄色いタンクローリー車は、4月の札幌の道路でよく見かけるクルマです。
何をやっているか?
もうお分かりだと思いますが、道路の、特に『路肩』の清掃です。

これって、自転車が安心して走るためには非常に大切な作業なのです。。。
というのも、冬の積雪時に、道路には『滑り止め』という目的で、横断歩道を中心に砂が撒かれます。
この砂は雪が融けても、路上に残ります。しかも、走っているクルマの風圧で、しぜ~んと道路の端っこ、つまり『路肩』に掃き溜められるのです。
また、冬の間に行った除雪でも、雪だけでなく、道路の表面も削ってしまいますので砂利が生じるのです。

この『路肩』は自転車がよく走るゾーンです。
『路肩』に砂利が溜まったままだと、自転車が安定して走れなかったり、タイヤのパンクが発生してしまうのです!!

『クルマ目線』でいえば、道路の端っこを掃除するなんて“税金の無駄遣い”だと思われる方もいらっしゃるでしょう。。。
『こんな掃除をするくらいなら、ヒビ割れたアスファルト舗装を早く補修してくれっ!!』って思われる方もいらっしゃるでしょう。。。
いえいえ、決して“無駄遣い”なんかではありませんよ。
そもそも『道路』というのは、クルマが走るためだけにあるワケではありませんからね。
『道路』は行きかうみんなが使うもの。
だから『クルマ』だけでなく、自転車や歩行者も安心して利用できるように、端っこの方もちゃ~んと掃除する必要があるのです。。。

LINEで送る

そろそろ自転車のタイヤの空気をチェックしましょう!!

LINEで送る

雨の多かった6月が終わり、いよいよ札幌も夏本番となりました。
毎年同じことを書いていますが、ここ数年の6月~7月上旬は、天気の悪い日が多いですね。
気象庁は公式には発表していませんが、サイクル北斗の個人的な感覚としては、”梅雨”と言っても間違いではないな、と思います。
地球は徐々に温暖化しているのだから、20~30年くらい前の関東地方の季節が、北海道に上陸してもおかしくはないですよね。
(関東地方は、もはや”熱帯雨林気候”といってもいいくらいですから。。。)

さて、話題を札幌の自転車修理に戻しましょう。
今日は、タイヤの空気についての話題です。

札幌の場合、ほとんどの方が3月下旬から4月中にかけて自転車に乗り始めたと思います。
あっという間に時間は過ぎて、気が付いてみれば、夏至は過ぎ、もう7月です。
自転車に乗り始めて、多少の差はあれど、おおむね3~4か月が過ぎたのではないでしょうか?

この時期に注意してほしいことがあります。
それがタイヤの空気の量です。
春先の乗り始めの頃にパンパンにしたタイヤの空気の量が、そろそろ減っている時期なのです。
このタイミングでタイヤの空気の量をチェックして、きちんと補充しておけば、これから先、急なパンクに遭遇する確率はグンと下がります。
逆に、空気の補充をしないでそのまま乗り続けると、パンクしてしまいます。
これからの季節は気温が高くなるので、舗装路のアスファルトが熱くなります。
空気の減ったタイヤで、熱くなったアスファルトの上を走ると、ゴムが柔らかくなり、とてもパンクしやすくなってしまうのです。。。

とくに注意してほしいのは、”パンクしにくいタイヤ”を装着した自転車です。
タイヤの側面に下の写真のようなマークがプリントされているのが”パンクしにくいタイヤ”です。
“HIGH PROTECTION”と書いてあります。(他のマークもありますが、一番多くみかけるのがこのマークです。)
img1044
“パンクしにくいタイヤ”は、クギや画びょうなどの”刺さり物”からチューブを守るため、通常のタイヤより厚く作られています。
そのため、タイヤ自体の剛性が高くなったため、通常のタイヤより”固い”のです。
そのため、通常のタイヤと同じ感覚でタイヤを触っても、タイヤの空気が減っていることに気がつきません!!
「空気の量はまだ大丈夫」と錯覚してしまい、そのまま乗り続けると。。。
“パンクしにくいタイヤ”なのに、パンクしてしまうのです。。。

タイヤの空気、正確にはチューブの空気ですが、完全密封されているわけではありませんので、徐々に減っています。(走っても走らなくても。)
パンクが起きやすくなるレベルまで減るのが、だいたい2~3か月ですので、このタイミングでタイヤに空気を補充しましょう。

4月に自転車に乗り始める場合、次のとおりです。
【1回目】まず乗り始めの4月に空気を補充する。
【2回目】7月の暑さ本番の前に補充する。
【3回目】朝晩の冷え込みが本格化する10月にも補充する。
以上、1シーズンに最低3回はタイヤの空気を補充してくださいね。
もちろん、もっとマメにタイヤを点検して、減っていたら補充してもかまいません。
ただ、空気の入れすぎには注意してください。
空気を入れすぎたときはパンク、いや、正確には”破裂”しちゃいますので。。。

LINEで送る