ブレーキの“キーキー音”にサヨナラ!!

LINEで送る

今回は札幌市の北区屯田で行った自転車修理を記事にしました。
自転車修理の内容は、パンク修理ではなく、後輪ブレーキの交換です。

なぜ、後輪ブレーキを交換したのか、ということから説明します。

みなさんも経験したことはあると思いますが、長年使っていると、自転車のブレーキから“キーキー”と「いや~な音」が発生してきますよね。
まぁ、ほとんどの方が「ガマンして使う」か「前ブレーキ、つまり“音の出ない方”のブレーキを主に使う」かの方法で対処しているのが実態だと思います。
じつは、後輪ブレーキを交換することで、この“キーキー音”を解消できるのです!!

安全に停止するためには、基本的にブレーキは前後同時に使うものなので、音が出るから、ということで、片方のブレーキしか使わないのは、あまりオススメできません。

まずは交換直前の、後輪ブレーキをバラした写真からご覧ください。

これは「バンドブレーキ」という種類のブレーキです。構造がカンタンなため、価格の安い自転車で多く使われています。
上の「ブレーキドラム」は車輪と一緒に回転する部分です。
ブレーキレバーを握ると、ワイヤーで引っ張られた下の「ブレーキバンド」が「ブレーキドラム」に巻き付くように締ることでブレーキがかかる、という構造です。

で、“キーキー音”の原因ですが、ご覧のように、中に発生した“サビ”や「ブレーキバンド」の“摩耗”が原因です。
「ブレーキバンド」は、“薄い金属製の帯”に“革製の摩擦材”を張り付けた構造になっているので、摩耗すると金属製の帯の部分が露出します。
金属製の帯と金属製のドラムが擦れることで、“キーキー音”が発生する、というワケです。
“丸ごと交換”すれば“キーキー音”は解消しますが、遅かれ早かれ「ブレーキバンド」は摩耗しますので、再び“キーキー音”が発生する、というワケです。

そこで今回はブレーキをグレードアップしました。
「サーボブレーキ」というタイプに交換したのです。
下の写真が交換後の写真です。

この「サーボブレーキ」は上の「バンドブレーキ」と互換性のあるタイプで、“キーキー音”が“ほぼ鳴らない”タイプです。
(あえて“ゼッタイ鳴らない”とは申しません。)
「ブレーキバンド」に代わって耐摩耗性の高い「ブレーキパッド」が使われているため、「バンドブレーキ」よりはるかに長持ちするからです。

また「バンドブレーキ」が「ブレーキドラム」の外側から締め付けるのに対し、「サーボブレーキ」は内側から「ブレーキパッド」を当てる構造なので、“サビ”が発生しにくいという利点もあります。

“キーキー音”が気になるから、という理由で自転車の買替えをする方もいらっしゃるでしょうが、このようにブレーキを交換して「グレードアップ」するだけで、“キーキー音”を解消することができるのです。
“キーキー音”に悩まされている方は、ぜひ一度、ご検討してみてください。。。

LINEで送る

フツーの自転車も「パンクしない自転車」にできるっ!!

LINEで送る

冬の長い北国・札幌にも、ようやく春が訪れたようです。。。
今まで歩いたり、電車やバスに乗っていた外出も、自転車で“気軽に”行ける季節になりました!
春は進学や進級、会社に入ったり、勤務地が変わったりと、環境が大きく変わる季節でもあります。
『この機会にっ!!』という思いを込めて、自転車を新しく買おうという方もいるでしょう。。。

自転車屋さんやホームセンターの自転車コーナーにはピカピカの自転車が“ズラリ”と並んで、購入意欲をそそります。
最近目立つのが『絶対パンクしない自転車(タイヤ)』というキャッチ・コピー

“走っているときに自転車がパンク!!約束の時間は迫っているし、自転車屋さんは無いし~、どーしよー????”
こんな経験は誰でも一度や二度はあるでしょう。
自転車がパンクして困ったことがある人ほど、『絶対パンクしない自転車(タイヤ)』というキャッチ・コピーに魅かれるのではないでしょうか?

でもですね、『パンクしないタイヤ』というのは、日ごろのメンテナンス一つで、案外簡単に実現するものなんです。
ま、正確に言えば『絶対パンクしない自転車(タイヤ)』ではなく、『パンクしにくい自転車(タイヤ)』ということになりますが。

このブログでも過去に何度か記事にしているように、自転車がパンクする原因のほとんどが”タイヤの空気不足”なんです。
ですから、タイヤの空気をちゃんとチェックして、空気が少なくなっていたら補充してあげればいいんです。
自転車のタイヤに空気をちゃんと入れるだけでパンクのほとんどは防ぐことができます!!
正確に統計を取ったワケではありませんが、6~7割は防げそうな気がします。。。

その空気のチェック方法は極めてカンタン!!
小学校や中学校の頃やった『体力テスト』の『握力測定』を思い出してください。
アレと同じように、手のひらでタイヤを掴んで『ギュウッ』と握るんです。
それでタイヤが潰れるようだったら、明らかに空気の量が不足しています。
そうすると走行中に自転車がパンクしてしまうんです。

自転車のパンクというのは『突然』起きるものではありません。
“日ごろのチェックを怠ること=自転車のパンクの準備”なのです。
『突然』と思うのは、自分だけ。
実は“シッカリ”と自転車がパンクする準備をしていた、というワケです。。。

では、そろそろ話題を“まとめ”ます。
『絶対にパンクしない自転車(タイヤ)』はパンクしないので安心して使えます。
ですから、それを買うのも選択肢の一つです。
ただ、わざわざ高いお金を出して『絶対にパンクしない自転車(タイヤ)』を買わなくても、それに近い環境は自分で用意することができますよ、ということです。
なんせ『空気はタダ(無料)』で手に入りますからね!!

LINEで送る

そろそろ自転車のタイヤの空気をチェックしましょう!!

LINEで送る

雨の多かった6月が終わり、いよいよ札幌も夏本番となりました。
毎年同じことを書いていますが、ここ数年の6月~7月上旬は、天気の悪い日が多いですね。
気象庁は公式には発表していませんが、サイクル北斗の個人的な感覚としては、”梅雨”と言っても間違いではないな、と思います。
地球は徐々に温暖化しているのだから、20~30年くらい前の関東地方の季節が、北海道に上陸してもおかしくはないですよね。
(関東地方は、もはや”熱帯雨林気候”といってもいいくらいですから。。。)

さて、話題を札幌の自転車修理に戻しましょう。
今日は、タイヤの空気についての話題です。

札幌の場合、ほとんどの方が3月下旬から4月中にかけて自転車に乗り始めたと思います。
あっという間に時間は過ぎて、気が付いてみれば、夏至は過ぎ、もう7月です。
自転車に乗り始めて、多少の差はあれど、おおむね3~4か月が過ぎたのではないでしょうか?

この時期に注意してほしいことがあります。
それがタイヤの空気の量です。
春先の乗り始めの頃にパンパンにしたタイヤの空気の量が、そろそろ減っている時期なのです。
このタイミングでタイヤの空気の量をチェックして、きちんと補充しておけば、これから先、急なパンクに遭遇する確率はグンと下がります。
逆に、空気の補充をしないでそのまま乗り続けると、パンクしてしまいます。
これからの季節は気温が高くなるので、舗装路のアスファルトが熱くなります。
空気の減ったタイヤで、熱くなったアスファルトの上を走ると、ゴムが柔らかくなり、とてもパンクしやすくなってしまうのです。。。

とくに注意してほしいのは、”パンクしにくいタイヤ”を装着した自転車です。
タイヤの側面に下の写真のようなマークがプリントされているのが”パンクしにくいタイヤ”です。
“HIGH PROTECTION”と書いてあります。(他のマークもありますが、一番多くみかけるのがこのマークです。)
img1044
“パンクしにくいタイヤ”は、クギや画びょうなどの”刺さり物”からチューブを守るため、通常のタイヤより厚く作られています。
そのため、タイヤ自体の剛性が高くなったため、通常のタイヤより”固い”のです。
そのため、通常のタイヤと同じ感覚でタイヤを触っても、タイヤの空気が減っていることに気がつきません!!
「空気の量はまだ大丈夫」と錯覚してしまい、そのまま乗り続けると。。。
“パンクしにくいタイヤ”なのに、パンクしてしまうのです。。。

タイヤの空気、正確にはチューブの空気ですが、完全密封されているわけではありませんので、徐々に減っています。(走っても走らなくても。)
パンクが起きやすくなるレベルまで減るのが、だいたい2~3か月ですので、このタイミングでタイヤに空気を補充しましょう。

4月に自転車に乗り始める場合、次のとおりです。
【1回目】まず乗り始めの4月に空気を補充する。
【2回目】7月の暑さ本番の前に補充する。
【3回目】朝晩の冷え込みが本格化する10月にも補充する。
以上、1シーズンに最低3回はタイヤの空気を補充してくださいね。
もちろん、もっとマメにタイヤを点検して、減っていたら補充してもかまいません。
ただ、空気の入れすぎには注意してください。
空気を入れすぎたときはパンク、いや、正確には”破裂”しちゃいますので。。。

LINEで送る

あらためて新旧タイヤを比べてみる。。。

LINEで送る

こんにちは、本日は、札幌市中央区での自転車修理を記事にしました。
このお客様は、じつは今年の春先(3月)に伺ったお客様の自転車の修理です。
3月に伺ったときは、パンクしていませんでしたので、ブレーキの効き具合やタイヤの摩耗状況、タイヤの空気圧補充を中心に、自転車の点検を行っただけでした。
ただし、すでに前のタイヤは摩耗していたので、点検の最後に、『前タイヤがパンクしたら、交換した方がいいですよ。』と伝えておきました。

その自転車がパンクしてしまったので、今回、修理のご依頼があった、というワケです。
そんなわけですから、パンクとは言っても、その穴を塞ぐ修理ではなく、タイヤとチューブを交換する修理になりました。。。
下の写真が、おなじみの”ビフォー&アフター”の写真です。
img1043
わざわざ説明するまでもないでしょうが、左側が交換前の”古いタイヤ”、右側が交換した後の”新しいタイヤ”です。
色艶が違うのはもちろん、溝の深さからして違うのがわかると思います。。。
タイヤの”溝が深い”ということは、その分、ゴム厚がある、ということです。
逆にいえば、“溝の浅いタイヤ”は、ゴム厚が少ないわけで、その分、路上の障害物に対しての防御力が弱い、ということです。
そのため、釘や画びょうはもちろんのこと、ちょっと大きめの小石を踏んだだけでもパンクしてしまいます。。。
また、長年の使用により、ゴム質も劣化しているので、弾力性が無くなっています。
『弾力性が無くなる』ということは、走行中の路面からの衝撃を吸収する能力が低下している、ということです。
このため、古いタイヤで勢いよく段差を通過したときなどにパンクしやすくなってしまうのです。。。

自転車というのは、人間の乗る位置や、タイヤへの負荷のかかり方の影響で、どうしても後輪から先に摩耗するので、後ろのタイヤから先に交換することになります。
逆に、前タイヤというのは、人間の荷重をほとんど受けず、走り出すときの駆動もかからないので長持ちします。
長持ちする、とは言っても、やはり摩耗すればパンクしやすくなるので、タイヤの交換は必要になります。
交換する必要がないわけではなく、タイヤを交換するまでの期間が後輪より長い、というだけのことです。。。

このお客様は、中古自転車を買って使っていたのですが、過去に後のタイヤは交換したようで、比較的”いい状態”でした。(まだまだ交換する必要はない状態でした。)
しかし、前のタイヤは摩耗や劣化が激しかったのです。おそらく、前のタイヤは交換していなかったのでしょう。。。
今回、前のタイヤを新品に取り換えたので、しばらくは安心して乗れそうです!!

ふだんあまりタイヤのことは気にしていないかもしれませんが、たまにはタイヤの状態をチェックしてみてください。。。
摩耗やひび割れなどの劣化が生じていたら、早めにタイヤの交換をお勧めします!!
自分で見てもわからない、という方は、遠慮なくサイクル北斗の出張修理を利用してください。
自転車点検だけでも伺っていますので。。。

LINEで送る

わずかなリムゴムのズレが原因でパンクした。。。

LINEで送る

毎日、札幌市内のあちこちで自転車修理をしていると、いろいろなことが原因で起きるパンクに出会います。。。
今回のパンク修理も”稀にみる微妙なズレ”が原因の自転車のパンクでした。

自転車の車輪を構成するパーツの一つに”リムゴム”というものがあります。
役割は”パンクの防止”なのですが、この“リムゴム”が正しく装着されていなかったがために、パンクの原因になってしまった、という記事です。

まず”リムゴム”の役割を説明しましょう!!
といっても、過去のこのブログで記事にしていますので、詳しくはそちらをご覧ください。
“『リムゴム』もパンク防止に一役買ってます。。。”
いかがでしょう、”リムゴムの役割”はご理解いただけましたか?

さて本題の”リムゴムのズレが原因でパンクした記事”に戻りましょう。
まずは写真をご覧ください。
img1041
写真の中のコメントの順番に解説します。
①パンクで穴が開いていたところを塞いだ状態です。チューブの内側にパッチが貼ってあるのが分かると思います。
②これがチューブの内側がパンクした原因です。ほんのわずかですが、リムゴムがズレているのが分かるでしょうか?

自転車修理屋が言うのもなんですが。。。
正直に言うと、今までは”リムゴムの役割”は、ちょっと疑っていました。
理屈でいえば”リムゴムの役割”は事実で、必要な部品なのはわかります。
しかし、リムゴムの一つくらいが無くたって、パンクなんてしやしないだろうな~、と。

しかし今回のようなパンクに遭遇してしまうと、考えはガラリと変わります。。。
つまり“リムゴム”ってやっぱり大事な部品なんだな~、という考えに変わらざるを得ません。。。
まさに『たかがゴムバンド、されどゴムバンド!!』ですね。

ここで札幌市内に自転車修理を出張サービスしているサイクル北斗の”リムゴム交換”に関する扱いを説明しておきます。
・当店でタイヤとチューブの同時交換を行った場合は、リムゴムもいっしょに交換します。
・ただしクロスバイクで、プラスチック製のリムフラップを使用している場合については交換しません。リムフラップは、ゴム製の”リムゴム”に比べて耐久性があるためです。
チューブのみ交換の場合は、リムゴムの劣化が激しい場合や、切れていた場合には交換しますが、使用に耐えうる場合はそのまま使います。
・修理料金は、リムゴム交換の有無にかかわらず同額です。(別にリムゴム代はかかりません。

最後は営業案内になりましたが、リムゴムの役割の大切さをお伝えできれば幸いです。

LINEで送る