後輪ブレーキ3兄弟!

LINEで送る

こんにちは。
今日の札幌の自転車修理は、ご依頼の件数も少なく、記事にするほどのニュースもありませんでした。。。
暑さが続いたせいでしょうか、札幌市民の皆様があまり自転車で走らなかったようですね。

そこで「自転車のパーツ比べ」を記事にしたいと思います。今日は『後輪ブレーキ』の“ビッグ3”を比べてみましょう!
一口に『後輪ブレーキ』といっても様々な種類がありますが、いわゆる“ママチャリ”タイプの自転車に使われている後輪ブレーキは次の3つです。

【Entry No.1】バンドブレーキ
まずはバンドブレーキの写真をご覧ください。「注油禁止」というステッカーが目印です。
札幌の自転車修理_バンドブレーキ
バンドブレーキはもっとも普及しているタイプです。
車輪といっしょに回転しているドラム(円盤状の筒)を、皮のバンドで外側から締めてブレーキを効かせる仕組みになっています。
長年の使用で皮のバンドが摺れたり、雨水の侵入で中の円盤が錆びると『キィーーー!』という音が発生してしまうのが玉にキズ、です。

【Entry No.2】サーボブレーキ
続いて紹介するのがサーボブレーキと呼ばれるタイプです。外観はこんな感じです。
札幌の自転車修理_サーボブレーキ
バンドブレーキと同じように、回転するドラムを押さえてブレーキをかけるのですが、違いは『ドラムの内側からパッドを充てて押さえる』という点です。

そのため、バンドブレーキより制動力(ブレーキの効き具合)は高いです。また、その構造上、音鳴りしにくくなっています。
バンドブレーキとは互換性がありますので、後輪ブレーキの「音鳴り」が気になる方は、サーボブレーキへの交換をおすすめします。

【Entry No.3】ローラーブレーキ
最後に紹介するのはローラーブレーキです。「高温注意」というステッカーが目印です。
札幌の自転車修理_ローラーブレーキ
最後に紹介するだけあって、後輪ブレーキ3兄弟の中ではもっとも高性能です。そのため、変速ギア付きの自転車、2人乗りや3人乗りの自転車、電動アシスト自転車など、スピードが出るタイプや重量のあるタイプに使われています。構造上、音鳴りはしません。

残念ながら、バンドブレーキやサーボブレーキの自転車とは互換性がないので、これらの自転車のブレーキをローラーブレーキに交換することはできません。(車輪ごと交換する必要があります。)

ブレーキの音鳴りが気になる方は、自転車を買うときからローラーブレーキの装備された自転車をおすすめします。。。(バンドブレーキの自転車より値段は少々高くなりますが。。。)

いかがでしたか?
みなさんの自転車にはどのブレーキがついていますか?
『価格の違い』=『性能の違い』ですので、自転車を買うときの参考にしていただければ幸いです。。。

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA