“タイヤを替えてほしい”というご依頼でしたが。。。

LINEで送る

今日はお客様から「パンクを繰り返すから、タイヤを替えてほしい。」というご依頼があって伺った自転車修理についての記事をUPします。

ご依頼があったのは石狩市花川です。
サイクル北斗は札幌市内に自転車修理を出張修理していますが、石狩市の一部もその出張エリアに加えています。)

パンクした自転車は電動アシスト自転車でした。
電動アシスト自転車はバッテリーを積んでいるため、普通の自転車より重量があります。
そのためちょっとでもタイヤが弱ってくると、パンクしやすくなります。
今回もおそらくそんな状況なのかな。。。と予想していました。

下の写真が自転車についていたタイヤです。
img0972
メーカー名からもわかると思いますが、“いいタイヤ”です!
電動アシスト車などの“重量級”の自転車向けの”丈夫なタイヤ”です!
タイヤの状態を確認してみても、摩耗や亀裂、劣化はありません。。。
これは、タイヤが弱っていてパンクしたのでは無い、と思いました。

こんな“いいタイヤ”を、今の状態で交換するのはもったいないことです。。。
交換する必要がないことをお客様にも説明し、パンクを繰り返す原因は他にあるに違いありません!
さっそくタイヤの中のチューブを確認してみると。。。
img0973
ご覧のとおり、バルブ付近にパンク修理をした跡があります。。。
これは、伸びたチューブを交換せず、そのままパッチを貼るパンク修理で済ませた何よりの証拠です!

それに加えて、パッチを貼った場所に”ゴムの摺れカス”があります。
これは、日ごろからタイヤの空気圧が低い状態で走っていた証拠です。

この自転車のパンクが再発した原因をまとめると。。。
1.最初のパンクのときにチューブが伸びており、チューブ交換するべきであったところを交換をせず、パッチを貼るパンク修理で済ませてしまったこと。
2.タイヤの空気圧が低い状態での走行を続けたうえ、電動アシスト車の重量負荷がかかってチューブが摺れてしまったこと。
となります。

それにしてもすごいのは”タイヤの丈夫さ”です。
このような悪条件下での使用を続けたにもかかわらず、亀裂が生じていおらず、劣化もしてないのです。
さすが”一流メーカー品”ですね!

サイクル北斗もこのような”いいタイヤ”を提供したいのですが、価格面の壁があって、なかなかできません。。。
それでも“いいタイヤ”をご希望する方には、個別見積と注文手配となりますが、対応いたします!
どうぞご利用ください。

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA