札幌市内に出張する自転車修理屋の”意外な苦労”。。。

LINEで送る

こんにちは。
朝晩の冷え込みはありますが、日中の”残暑”はまだまだ厳しいですね。

さて今日はタイトルにあるとおり、「札幌市内に出張する自転車修理屋の”意外な苦労”」を紹介します!

この”苦労”は本日最後の修理であったことです。
お客様からの修理のご依頼は昼間にいただいたのですが、場所が札幌市の手稲区稲穂での自転車修理でしたので、当方のスケジュールの都合上、18:00過ぎの訪問になったのです。

修理する自転車はこのような”後カゴ”付きの自転車でした。
札幌の自転車修理_後カゴ付
重たい荷物を”後カゴ”に積んで走っているときにパンクした、とのことでした。
チューブを確認したところ、やはりチューブは伸びていましたので、チューブ交換の修理となりました。

修理作業にとりかかった途端、その”苦労”は始まりました。。。
時間は18:00過ぎ、周囲が夕闇に包まれる頃です。
「暗くてネジなどが見えにくい。」というのも”苦労”には違いありませんが、それだけではありません。
日中の厳しい残暑の中、数件の出張修理をしてきましたので、体は汗をかいています。
郊外の樹木の多い夏の夕方ですので、蚊がブンブン飛び交っています。。。

もうお分かりですね!
そうです、蚊に刺されまくってしまうのです!!
自転車の出張修理というのは、屋外でする作業のわりには、意外と”体を動かさない“のです。
つまり、蚊にとっては”絶好の餌”になるわけです。。。

日中の作業と同じように「ほんとうにじっとして」修理をしていたら、体中、蚊に刺されてしまいますので、今日はなるべく”無駄に”体を動かしながら修理作業をしました。。。
まるで「踊る出張修理屋」です!(笑)

「小踊り」しながら攻め寄せる蚊から防戦して、20分くらいでなんとか無事にチューブ交換の修理を終えることができました!
“防戦”の効果はあったようで、首周りは無傷、腕に3か所ほど”攻撃”をうけてしまいましたが、耐えられないほどの”かゆみ”はありませんでした。。。

しかし刺されてから時間がたつとともにかゆみが発生してきましたが、ぐっとこらえて真っ直ぐに帰宅、速攻で、かゆみ止めを塗ったのはいうまでもありません。。。

さて、明日から”虫よけスプレー”をクルマの中に常備しておこう、っと!

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA