前カゴを交換すると”ぷち新車”気分!

LINEで送る

今日の札幌の自転車修理ブログのキーワードは、“ぷち新車”気分です。
どういう意味かといいますと、ちょっとした部品の交換で、新車を買うことなく、なんとな~く新しくなった気分になれる、という意味です。

では、どんな部品を交換すると“ぷち新車”気分になれるのか?
結論から申しあげましょう、タイトルにもある通り『前カゴ』です。
「ほんとかー?」と思われるかもしれません。
まずは写真をご覧ください。(befor & after形式です。)
札幌の自転車修理_前カゴ交換
いかがですか?
自転車自体は同じです。替わったのは「前カゴ」だけ。
サイズがひと回り大きくなったのは事実ですが、カゴのサイズだけでなく、全体的になんか“新しくなった気分”になりませんか?
(ならない人は、きっと、想像力の無い方です。)

以下、“新しくなった気分”を前提に話を進めさせていただきます。

前カゴは、フレームやケーブル、チェーンといった“線系”のパーツで構成された自転車の中で、数少ない“立体系”のパーツです。
その前カゴが、長年の使用で形状の歪みやサビ、メッシュの切れ目などが発生して、自転車の“古さ”を強調していたわけです。
『もう買い替えた方がいいぞ!』といわんばかりに。

その前カゴを新しく交換したことで、歪んだ自転車に見慣れてきた持ち主に、“シャキッ”とした印象を与えるわけです。
まるでクリーニングから戻ってきたスーツやワイシャツのように!

「前カゴ」というのは、自転車のパーツの中では存在感のあるパーツです。
さきほども書いたように、その形状が“立体系”であることに加え、自転車の前に取り付けられているため、自転車に乗っている人の視界に常に入っているので。

タイヤを交換すれば、走ることについては“新車”になりますが、残念ながら、自転車に乗っている人の気分までは“新車”にしてくれません。。。

ですが、古くなった前カゴを交換すると、タイヤ交換とは逆に“気分は新車”になれるのです!
古い自転車を買い替えようと思っている方は、まず、「どこが古いのか」をよ~く見極めてください。
前カゴのように部品によっては、タイヤ交換のついでに交換して、“新車気分”になれる場合があります!

前カゴ以外でも、「泥よけ」や「泥よけステー」、「リアキャリア」、「スタンド」、「サドル」などの部品の交換が“ぷち新車”効果を期待できます!

『別に新車が欲しいワケじゃない。。。』
けれども、『このまま、古い自転車に乗り続けるのも。。。』と思っている方は、遠慮なくサイクル北斗にご相談ください。。。

LINEで送る

前カゴを交換すると”ぷち新車”気分!」への1件のフィードバック

  1. 通りすがりの者です。
    とても参考になりました
    ビフォー画像、まさに今の私の自転車…
    カゴ取り替えを検討します(*^_^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA