これが”内部摩耗パンク”をしたチューブだっ!!

LINEで送る

「自転車のパンク」という”不運なトラブル”は、自転車を使っている限り避けることのできない”アクシデント”です。。。
クルマのタイヤと違って空気を溜めるのにチューブを使っているため、何らかの事情でこのチューブに穴が空いてしまうと、そこから空気が漏れてしまい、タイヤがペシャンコになって、走行することができなくなってしまいます。。。

そんな“パンクの原因”で真っ先に思い浮かぶのが、クギや画びょうなどを踏んだのではないか、だと思います。
これを自転車の修理業界では“刺さりものパンク”と呼んでいます。
確かに”パンクの原因”としてはわかりやすいし、実際に”刺さりものパンク”の修理もよくあるケースです。

ですが、実は”パンクの原因”でもっと多い原因がほかにあります!!
業界用語で“内部摩耗パンク”と呼ばれるパンクです。
この”内部摩耗パンク”を起こしたチューブは、見ればすぐにわかります。
下の写真をご覧ください、これが“内部摩耗パンク”を起こしたチューブです。。。
札幌の自転車修理_内部摩耗パンク
チューブの側面に”消しゴムのカス”のようなものが付着しているのがわかるでしょうか?
なぜ、このような状態になってしまったのか、といいますと。。。

自転車が走っているとき、ゴム製のタイヤは路面からの衝撃を吸収しているため、常に形が変わっています。
もちろんタイヤの中のチューブも同じように形が変わっています。
このタイヤとチューブが変形を繰り返すことで擦れ合うため、強度の弱いチューブが”擦れ負け”して、消しゴムのカスのようなものが発生するのです。。。

この“擦れ合い”が長く続くうちに、チューブはだんだんと薄くなって、ついには穴が空いてしまう、という結果になります。。。

えっ、じゃあ、どんな自転車でも、長く走っているうちに”内部摩耗パンク”しちゃうの?
と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。
擦れ合う”圧力”が小さければ、このような”内部摩耗パンク”は起きません。

じゃあ、擦れ合う”圧力”を小さくする方法はあるのですか?
という疑問がわきますよね。

あります、あるのです。
どうしたら擦れ合う”圧力”を小さくできるのか。
カンタンなことです。
タイヤに空気をしっかりと充填し、タイヤの空気圧を適正に保てばいいのです。
つまり、“タイヤに空気がちゃんと入っているか、マメにチェックして、もし空気が減っていたら足しましょう!”ということなのです。

タイヤの空気をしっかりと入れることでパンクを防ぐことができる、というのは、この”内部摩耗パンク”が発生しなくなるためなのです。。。

LINEで送る

これが”内部摩耗パンク”をしたチューブだっ!!」への1件のフィードバック

  1. 「内部摩耗パンク」のこと、大変に参考になりました。

    タイヤの空気圧が甘いと、自転車の走行中、路面の凹凸によりタイヤとチューブとが擦れ合い、弱いほうのチューブがすり減ってきて、ついに穴があいてしまうという現象でした。

    それから、量販店で買ってきた安価なタイヤなどは、表面も雑に仕上がっていて、内側のザラザラ感は強いようです。
    このあたりも、チューブがすり減りやすい原因と考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA