チューブは風船みたいなもの、『入れすぎ』も注意。。。

LINEで送る

今日は空気を入れすぎたチューブの写真からご覧ください。
img1015
チューブがみごとに裂けているのがわかると思います。
これはもはや”パンク”とは言えません、”破裂”です!!

なぜこのようになったか、について解説します。(あくまでも推測ですが。)
ご存じのように自転車の車輪は、金属でできたホイール(リムともいいます。)にゴムのタイヤがはまっています。
そしてそのタイヤの中にチューブが入っていて、このチューブに空気を入れて膨らませています。
一般の自転車の場合、ホイールとタイヤはテープや接着剤などで固定していません。
チューブに入った空気が膨らんだ状態の圧力を利用して”はめている”だけです。
ですから、チューブ内の空気圧が下がった状態で走り続けると、場合によっては、ホイールからタイヤが外れることもあります。

今回のような”チューブの破裂”は、これとは逆の現象で発生したと思われます。
つまり、チューブに”空気を入れすぎた”ということですね。
適正量以上に空気を入れてしまったため、チューブが膨らみすぎて、タイヤとホイールの間からはみ出てしまい、その部分が”裂けた”というワケです。

今回は札幌市中央区からの自転車修理の依頼があって伺ったときの記事ですが、お客様が『自転車に乗って走っているときに”パンッ!!”と音がして、急に空気が抜けたと言われていましたが、このことからも”破裂”したことが想像できます。

では、この『空気の入れすぎ』は、どうして起きてしまうのか?
手動ポンプ式の空気入れを使っていれば、このようなことはあまり起きません。
問題なのは、コンプレッサー式(機械式)の空気入れを使ったときです。
コンプレッサー式の空気入れも、止めるのは人間の判断なので、どこで止めていいのかわからず空気を入れ続けると、『空気の入れすぎ』状態になってしまう、というワケです。
そもそもコンプレッサー式の空気入れは、クルマのタイヤに空気を入れることもできるので、パワーが段違いに強いのです。
加えて、有料コイン式のコンプレッサーの場合、人間の損得勘定をくすぐるのです。。。
つまり”どうせ同じ料金なら、いっぱい入れた方がオトクだよな~”という『気分』にさせてしまうのです。。。
『食べ放題、飲み放題』だけでなく、自転車のタイヤの空気補充も”ほどほどにする”のが肝要デスね!!

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA