自転車のチェーンを交換してほしい、という依頼でしたが。。。

LINEで送る

10月に入って、朝晩の冷え込みが厳しくなってきました。
日没も日に日に早くなっているような気がします。。。
もう冬はすぐそこまで来ています。。。

札幌で自転車修理を行うサイクル北斗も、春~夏ほどの忙しさから解放されて、待ち時間が多くなってきました。。。
先日もお客様からのご依頼の電話を待っていたときですが、電話が鳴り応答すると。。。
「札幌の西区ですが自転車修理で、チェーンを替えてもらえますか?」というご依頼の電話がありました。
「パンクはしていない。」とのことでしたので、チェーンが切れて交換が必要になったのかな~、などと考えながらお客様のご自宅へ伺いました。

さっそく自転車を確認してみると、下の写真のような状態でした。
img1029
おやっ?チェーンは切れていません。(弛んではいますが。)
なぜチェーン交換を依頼したのかな???
お客様に伺ってみると、どうやらチェーンが外れてしまうので、交換すれば直る、と思ったようです。。。

チェーンが切れたり、錆びて動かなくなった場合は交換が必要ですが、このチェーンは交換しなくてもまだ使えます。
ただ、この弛んだ状態で使うと外れやすいので、チェーンの張り具合を調整して、弛みをとってあげる必要はあります。
このようにお客様に説明して、チェーンを交換せず、調整だけをすることになりました。。。

チェーンの問題はこれで解決ですが、自称“自転車修理のプロ”としては、お客様に伝えるべきことがあります!!
写真左の赤丸をご覧ください、後輪タイヤが摩耗していますね。

確かにパンクこそしていませんが、タイヤの表面は“ほぼ摩耗”しきっています。。。
このまま使っていれば、間違いなくパンクします!!
もちろんパンクしてからタイヤ交換をしてもいいのですが。。。
今日、チェーンの調整だけをするくらいなら、タイヤ交換をした方が修理料金は余計にかかりません。

なぜなら、タイヤ交換するには、車輪を車体からはずします。
つまり、チェーンも外すことになます。
タイヤを交換したあと、車輪を車体に戻すときにチェーン調整をすることができるのです。
(というか、「タイヤ交換」という作業の中には、「チェーン調整」という作業が含まれているのです。当然、修理料金もそのように設定されています。)

今日、チェーン調整だけを行って、パンクしたときにタイヤ交換をすると、「チェーン調整」と「タイヤ交換」の2回分の修理料金がかかってしまいます。
しかし、今日タイヤ交換をしてしまえば、「タイヤ交換」の修理料金で、タイヤは新品になり、チェーン調整までできてしまう、という“一石二鳥”になるワケです!!

本日のお客様にも同じように説明し、チェーン交換は行わず、タイヤ交換をしてチェーンは調整して弛みを解消する、という修理作業に変更となりました。。。

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA