タイヤの径が小さければ摩耗もはやい。。。

LINEで送る

さて今回は「算数」的な記事です。小中学校の復習と思って読んでください。
自転車のタイヤの耐摩耗性について、「タイヤ径の大きさ」に着目して解説します。

まず写真を1枚ご覧ください。
img1031
かなり大きさが違いますが、どちらも自転車のタイヤです。
大きい方が27インチで、「ママチャリ」や「シティ車」といわれる”フツーの自転車”に使われています。
小さい方は12インチで、子供の自転車や一部の三輪自転車で使われています。
どちらも摩耗が激しく、このまま使うのは”無理”な状態であるのはわかると思います。

小さい方のタイヤは、実は今年の6月に交換したばかりのタイヤなのですが、それからわずか5カ月でこんなにも摩耗してしまったのです!!
こんなに早くすり減ってしまったので、さすがにお客様もびっくりしていました。。。

これにはやはりタイヤの外径の長さが関係するワケです。
同じ距離を走った場合でも、小さいタイヤの方が大きいタイヤより回転する回数が多くなります。その結果、小さいタイヤの方が摩耗するのが早くなる、ということです。

どのくらい差があるか、実際に数字を使って計算してみましょう!!
タイヤの直径にあたるインチサイズでは、27インチ-12インチ=25インチの差です。
1インチ=2.54cmですから、メートル法に換算すると63.5cmの差になります。

問題はこの次です。
直径レベル63.5cmの差は、外径になるとさらに大きくなるのはわかりますよね?
円周を計算する公式は、直径×3.14(円周率)ですから。(←ココ、小学校の復習です。)

27インチタイヤの外径は、27インチ×3.14×2.54≒215.3cm
12インチタイヤの外径は、12インチ×3.14×2.54≒95.7cm
その差は119.6cm、約120cmになります。。。

では1kmの距離を走るのに、それぞれ何回転するか、を計算すると。。。
1kmは1,000m、よって100,000cmです。(←ココも算数の復習ですヨ。)
27インチタイヤは、100,000cm÷215.3cm≒464.4回転です。
12インチタイヤは、100,000cm÷95.7cm≒1,044.9回転です。

同じ距離を走るのに、12インチタイヤは27インチタイヤの2倍以上多く回転していることになります。インチサイズの差のとおりの結果になりました。
理論的にはタイヤの寿命が半分以下になる、ということです。
(注)タイヤのインチサイズは、正確にはドーナツ状のタイヤの内径なので、外径の差はもっと大きくなりますが、ここでは比較のため、便宜的に内径の数字を使っています。ご了承ください。

ここまでの差にはなりませんが、いわゆる「折りたたみ自転車」も径の小さいタイヤを使っています。
ほとんどは20インチのタイヤを使っていますので、26インチや27インチの”フツーの自転車”と比べたら、やはりインチ数が小さい分、耐摩耗性の点で劣ることになります。

もっともタイヤの耐摩耗性というのは、インチサイズの差だけではありません。
連続して長い距離を走れば、同じ距離を何日もかけて走るより摩耗は早くなりますし、重たい荷物を載せれば、それはそれで早く摩耗します。
急加速と急ブレーキを多用すればそれだけ早く減りますし、タイヤの性能の差もあります。。。
今回はタイヤの径の差に注目してみました。
何かのご参考になれば幸いです。

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA