リサイクルショップの中古チャリは“現状渡し”デス!!

LINEで送る

『自転車をなるべく安く買いたい!!』
これは、誰もが思うことです。
(というより、デフレ経済のニッポンでは、自転車に限ったハナシではありませんが。)

そこで思いつくのが『中古自転車の購入』ではないでしょうか?
リサイクルショップの店頭に並んで売られている”中古自転車”です。。。
程度にもよりますが、フツーのママチャリなら、3,000円~7,000円くらいで売っていますので、新車の半額くらいで買うことができます。

安いですよね。
価格だけを考えたら、新車の半分で手に入れられるのですから~。。。
そうやって手に入れた”中古自転車”の修理の依頼があって、先日伺ってきました。
下の写真がそのときの写真です。
img1032
ごくフツーの自転車です。パンクしたので自転車修理を当店に依頼した、とのことでした。
タイヤに劣化は無く、車体やブレーキにも問題はありませんでした。
ただ、中のチューブが伸びていたので、チューブ交換修理をしました。

この“中古自転車”をいつ買って、いつパンクしたか、が今回の記事の”メイン・テーマ”です。
お客様に伺ったところ。。。
『今日(=修理に伺った日)に買った。』という信じられない返事がありました!!
要するに。。。
・リサイクルショップで安く売っていたのが目に入り、ちょうど自転車が欲しかったので、『ポチッと買い』をした。
・そのまま自転車に乗って自宅に着いたところで、パンクしていることに気が付いた。
・安かったし、店まで戻ってクレームを言うのもめんどくさかったので、出張修理屋(=サイクル北斗)に修理を頼んだ。
というストーリーです。

おそらくは、最初からパンクしていたと思われますので、クレームを言うことはできたと思います。
ただ、お客様自身がそこを問題視せず、ナットクし(あきらめ?)ている部分もあったので、今回はこれ以上ややこしくなることはありませんでした。

自転車修理屋としては、どこの店でこういうことがありました、ということを言いたいわけではありません。
価格の安い”中古自転車”にはこういうリスクがある、ということを知ってほしいため、今回の出来事をブログの記事にまとめた、というワケです。

リサイクルショップには自転車修理のノウハウはありませんので、往々にしてこういうことは起こり得ることです。
リサイクルショップの中古自転車は、前の所有者が使わなくなった自転車を売って、点検や整備を行わず、カンタンな拭き掃除だけして、そのまま”現状渡し”で売っているモノだ、ということをよ~く理解したうえで買うようにしてください。。。
そうでないと、買った後の修理代を考えたら、最初っから新車を買えばよかった、ということになりかねませんよ。。。

サイクル北斗のホームページもご参考に!!
【安さだけに惹かれるな、中古自転車を買うときの注意点】

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA