パンクの原因はタイヤのワイヤーだった!!

LINEで送る

3月中旬に2016年の営業をスタートして、早いもので2か月弱が経ちました。。。
今年は曜日の配列の影響で、やや長めのゴールデン・ウィークになりましたね、ただし連休中の札幌の天気はイマイチでしたが。。。

さて、今回の自転車パンクの記事は、”意外な原因で起きたパンク”です。
パンクの原因といえば、画びょうやガラスといった鋭利なものが刺さったケースが思い浮かびますが、今回は自転車のタイヤ自身がパンクの原因だった、という内容です。

さっそく下の写真をご覧ください。
img1036
チューブに大きな穴が開いてます。
もはや”パンク”というより”破裂”と言ったほうがいいかもしれません。。。
なぜこんなにも”大きな裂け目”ができてしまったのでしょうか???

原因はタイヤにあるのです。
写真の『ワイヤービード』という吹き出しの部分に注目してください。
ワイヤーが露出しているのがわかるでしょうか?
この露出したワイヤーが今回のパンクの”真犯人”なのです。。。

自転車のタイヤの内側には、構造上リムに嵌めるために”ビード”という嵌め込み部があります。
ほとんどの自転車はこの”ビード”にワイヤーを通して、そのワイヤーでリムに嵌めています。
ワイヤーというのは、ご存じのとおり”鉄線”ですから、むき出しのままではチューブを傷つけてしまいます。
そこでタイヤゴムで覆うことで、チューブにワイヤーが直接触れないようにしています。

今回のパンクは、このタイヤゴムで覆っていたはずのワイヤーが、使用によるタイヤゴムの劣化で、むき出しになってしまったために起きたパンクなのです。。。

上の写真には写っていないのですが、このタイヤの走行面、つまり外側の道路に接する面はそれほど摩耗していませんでした。
そのため、最初に伺ってタイヤを確認したときは『まだタイヤまで交換する必要はないですね』という診断でした。
しかし、タイヤを外してチェックしたところ、このように”タイヤの内側”の劣化が進行してワイヤーが露出していたため、タイヤを交換する、という修理になったのです。

今回修理した自転車は、フツーのママチャリではなく、タイヤの細い”クロスバイク”と呼ばれる自転車でした。
“クロスバイク”は、細いタイヤで人間の体重を受けとめるため、ママチャリに比べて、タイヤの空気圧を1.5~2倍くらい高くしています。
つまり、パンパンに空気を入れた状態になっている、ということです。
ですから、タイヤに高い負荷がかかるので、このように内側が劣化する、ということもあるのです。。。
タイヤの外側の摩耗やヒビ割れだけが交換時期のサインではないんだな~、と思った次第です。。。

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA