あらためて新旧タイヤを比べてみる。。。

LINEで送る

こんにちは、本日は、札幌市中央区での自転車修理を記事にしました。
このお客様は、じつは今年の春先(3月)に伺ったお客様の自転車の修理です。
3月に伺ったときは、パンクしていませんでしたので、ブレーキの効き具合やタイヤの摩耗状況、タイヤの空気圧補充を中心に、自転車の点検を行っただけでした。
ただし、すでに前のタイヤは摩耗していたので、点検の最後に、『前タイヤがパンクしたら、交換した方がいいですよ。』と伝えておきました。

その自転車がパンクしてしまったので、今回、修理のご依頼があった、というワケです。
そんなわけですから、パンクとは言っても、その穴を塞ぐ修理ではなく、タイヤとチューブを交換する修理になりました。。。
下の写真が、おなじみの”ビフォー&アフター”の写真です。
img1043
わざわざ説明するまでもないでしょうが、左側が交換前の”古いタイヤ”、右側が交換した後の”新しいタイヤ”です。
色艶が違うのはもちろん、溝の深さからして違うのがわかると思います。。。
タイヤの”溝が深い”ということは、その分、ゴム厚がある、ということです。
逆にいえば、“溝の浅いタイヤ”は、ゴム厚が少ないわけで、その分、路上の障害物に対しての防御力が弱い、ということです。
そのため、釘や画びょうはもちろんのこと、ちょっと大きめの小石を踏んだだけでもパンクしてしまいます。。。
また、長年の使用により、ゴム質も劣化しているので、弾力性が無くなっています。
『弾力性が無くなる』ということは、走行中の路面からの衝撃を吸収する能力が低下している、ということです。
このため、古いタイヤで勢いよく段差を通過したときなどにパンクしやすくなってしまうのです。。。

自転車というのは、人間の乗る位置や、タイヤへの負荷のかかり方の影響で、どうしても後輪から先に摩耗するので、後ろのタイヤから先に交換することになります。
逆に、前タイヤというのは、人間の荷重をほとんど受けず、走り出すときの駆動もかからないので長持ちします。
長持ちする、とは言っても、やはり摩耗すればパンクしやすくなるので、タイヤの交換は必要になります。
交換する必要がないわけではなく、タイヤを交換するまでの期間が後輪より長い、というだけのことです。。。

このお客様は、中古自転車を買って使っていたのですが、過去に後のタイヤは交換したようで、比較的”いい状態”でした。(まだまだ交換する必要はない状態でした。)
しかし、前のタイヤは摩耗や劣化が激しかったのです。おそらく、前のタイヤは交換していなかったのでしょう。。。
今回、前のタイヤを新品に取り換えたので、しばらくは安心して乗れそうです!!

ふだんあまりタイヤのことは気にしていないかもしれませんが、たまにはタイヤの状態をチェックしてみてください。。。
摩耗やひび割れなどの劣化が生じていたら、早めにタイヤの交換をお勧めします!!
自分で見てもわからない、という方は、遠慮なくサイクル北斗の出張修理を利用してください。
自転車点検だけでも伺っていますので。。。

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA