フツーの自転車も「パンクしない自転車」にできるっ!!

LINEで送る

冬の長い北国・札幌にも、ようやく春が訪れたようです。。。
今まで歩いたり、電車やバスに乗っていた外出も、自転車で“気軽に”行ける季節になりました!
春は進学や進級、会社に入ったり、勤務地が変わったりと、環境が大きく変わる季節でもあります。
『この機会にっ!!』という思いを込めて、自転車を新しく買おうという方もいるでしょう。。。

自転車屋さんやホームセンターの自転車コーナーにはピカピカの自転車が“ズラリ”と並んで、購入意欲をそそります。
最近目立つのが『絶対パンクしない自転車(タイヤ)』というキャッチ・コピー

“走っているときに自転車がパンク!!約束の時間は迫っているし、自転車屋さんは無いし~、どーしよー????”
こんな経験は誰でも一度や二度はあるでしょう。
自転車がパンクして困ったことがある人ほど、『絶対パンクしない自転車(タイヤ)』というキャッチ・コピーに魅かれるのではないでしょうか?

でもですね、『パンクしないタイヤ』というのは、日ごろのメンテナンス一つで、案外簡単に実現するものなんです。
ま、正確に言えば『絶対パンクしない自転車(タイヤ)』ではなく、『パンクしにくい自転車(タイヤ)』ということになりますが。

このブログでも過去に何度か記事にしているように、自転車がパンクする原因のほとんどが”タイヤの空気不足”なんです。
ですから、タイヤの空気をちゃんとチェックして、空気が少なくなっていたら補充してあげればいいんです。
自転車のタイヤに空気をちゃんと入れるだけでパンクのほとんどは防ぐことができます!!
正確に統計を取ったワケではありませんが、6~7割は防げそうな気がします。。。

その空気のチェック方法は極めてカンタン!!
小学校や中学校の頃やった『体力テスト』の『握力測定』を思い出してください。
アレと同じように、手のひらでタイヤを掴んで『ギュウッ』と握るんです。
それでタイヤが潰れるようだったら、明らかに空気の量が不足しています。
そうすると走行中に自転車がパンクしてしまうんです。

自転車のパンクというのは『突然』起きるものではありません。
“日ごろのチェックを怠ること=自転車のパンクの準備”なのです。
『突然』と思うのは、自分だけ。
実は“シッカリ”と自転車がパンクする準備をしていた、というワケです。。。

では、そろそろ話題を“まとめ”ます。
『絶対にパンクしない自転車(タイヤ)』はパンクしないので安心して使えます。
ですから、それを買うのも選択肢の一つです。
ただ、わざわざ高いお金を出して『絶対にパンクしない自転車(タイヤ)』を買わなくても、それに近い環境は自分で用意することができますよ、ということです。
なんせ『空気はタダ(無料)』で手に入りますからね!!

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA