ブレーキの“キーキー音”にサヨナラ!!

LINEで送る

今回は札幌市の北区屯田で行った自転車修理を記事にしました。
自転車修理の内容は、パンク修理ではなく、後輪ブレーキの交換です。

なぜ、後輪ブレーキを交換したのか、ということから説明します。

みなさんも経験したことはあると思いますが、長年使っていると、自転車のブレーキから“キーキー”と「いや~な音」が発生してきますよね。
まぁ、ほとんどの方が「ガマンして使う」か「前ブレーキ、つまり“音の出ない方”のブレーキを主に使う」かの方法で対処しているのが実態だと思います。
じつは、後輪ブレーキを交換することで、この“キーキー音”を解消できるのです!!

安全に停止するためには、基本的にブレーキは前後同時に使うものなので、音が出るから、ということで、片方のブレーキしか使わないのは、あまりオススメできません。

まずは交換直前の、後輪ブレーキをバラした写真からご覧ください。

これは「バンドブレーキ」という種類のブレーキです。構造がカンタンなため、価格の安い自転車で多く使われています。
上の「ブレーキドラム」は車輪と一緒に回転する部分です。
ブレーキレバーを握ると、ワイヤーで引っ張られた下の「ブレーキバンド」が「ブレーキドラム」に巻き付くように締ることでブレーキがかかる、という構造です。

で、“キーキー音”の原因ですが、ご覧のように、中に発生した“サビ”や「ブレーキバンド」の“摩耗”が原因です。
「ブレーキバンド」は、“薄い金属製の帯”に“革製の摩擦材”を張り付けた構造になっているので、摩耗すると金属製の帯の部分が露出します。
金属製の帯と金属製のドラムが擦れることで、“キーキー音”が発生する、というワケです。
“丸ごと交換”すれば“キーキー音”は解消しますが、遅かれ早かれ「ブレーキバンド」は摩耗しますので、再び“キーキー音”が発生する、というワケです。

そこで今回はブレーキをグレードアップしました。
「サーボブレーキ」というタイプに交換したのです。
下の写真が交換後の写真です。

この「サーボブレーキ」は上の「バンドブレーキ」と互換性のあるタイプで、“キーキー音”が“ほぼ鳴らない”タイプです。
(あえて“ゼッタイ鳴らない”とは申しません。)
「ブレーキバンド」に代わって耐摩耗性の高い「ブレーキパッド」が使われているため、「バンドブレーキ」よりはるかに長持ちするからです。

また「バンドブレーキ」が「ブレーキドラム」の外側から締め付けるのに対し、「サーボブレーキ」は内側から「ブレーキパッド」を当てる構造なので、“サビ”が発生しにくいという利点もあります。

“キーキー音”が気になるから、という理由で自転車の買替えをする方もいらっしゃるでしょうが、このようにブレーキを交換して「グレードアップ」するだけで、“キーキー音”を解消することができるのです。
“キーキー音”に悩まされている方は、ぜひ一度、ご検討してみてください。。。

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA